読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分で更新できる最短ホームページテンプレート|石田卓馬氏の口コミ

スマホ用テンプレ付の方を購入しました!!石田卓馬さんの自分で更新できる最短ホームページテンプレートのレビュー、口コミ、比較、体験談、評判、評価などです。

自分で更新できる最短ホームページテンプレートでSEO対策する方法

自分で更新できる最短ホームページテンプレートのSEO対策について

ここでは、わたしがこれまでに行ってきた8年間のネットビジネスの中で身に付けた、SEO対策について書いていきたいと思います。


余計なことを省き、必要なことのみ記述していくのでよろしければ参考にしてください。
(※SEOという言葉自体聞いたことがないという方は、グーグルなどで検索してみて下さい。ここでは説明を省きます。例「SEOとは」)

 


まず、例として、自分で更新できる最短ホームページテンプレートで作成したメインサイトがあるとします。

自分で更新できる最短ホームページテンプレートはHTMLサイトで余計な記述がなく、すごくシンプルで、ページの切り替えも早いサイトです。余計な記述がないので、とっても軽いんですよね。

それは自分で更新できる最短ホームページテンプレートを実際に使うことで、身をもって感じてもらえると思います。
グーグルのクローラーはこのようなサイトをとても高く評価します。


作者の石田卓馬さんが言うように、自分で更新できる最短ホームページテンプレートはその点においてすでにSEO対策されたテンプレートです。
さすが評価の高いテンプレートだなと思わせてくれます。


そして、これは「内部SEO対策」と言われます。

グーグルクローラーは他にも、サイト内部の記事がリンクによって繋がっていることも高く評価するので、
最短ホームページテンプレートで作成した記事たちは積極的に記事同士でリンクを貼り合うようにしましょう。


他にも、積極的に記事を更新しているサイトは高く評価されるのですが、
だからと言って中身のない文章を書いて100記事投稿しても逆効果です。


最新のSEO対策においては、読まれていなかったり、無駄と思われる記事は削除した方がいいと言われています。

実際に、SEO対策のスペシャリストの人のマニュアルを参考にさせてい頂いたことがあったのですが、その人も無駄な記事は削除していると書いてありました。

記事は多ければ多いほどいいというわけではありません。
訪問者にとって有益な内容の記事がたくさんあることが大事らしいです。


私の経験上、自分で更新できる最短ホームページテンプレート などのHTMLサイトは何百記事も投稿するのには向いていません。

記事をたくさん投稿するならば、カテゴリー分けのしやすいワードプレスサイトの方が向いています。

(※ワードプレスサイトは素人さん向けというより玄人さん向けなので、サイト作成に慣れてきたら試してみて下さい。)


HTMLサイト全般に言えることですが、
最短ホームページテンプレートのサイトには、5記事から20記事、多くて30記事位が適量だと思います。

文字数は少なめで600文字、多ければ2000文字くらいあると上位表示しやすくなるでしょう。

その中には狙っているキーワードを5個から10個ほど含ませます。
文字数にこだわりすぎると内容が薄くなったり変になるので、下手に文字数にこだわるよりも、
見ている人のためになる文章を書くことを心がけています。

中身の濃い記事を書いて、訪問者の滞在時間を延ばしたり、リンクを踏んで他の記事を見てもらうことに力を注ぎます。


というのも、グーグルは近年、サイト滞在時間や、直帰率(他の記事を見ずにサイトから離脱されること)が低いことを評価し、重点的に見ているからです。


開いてすぐに閉じられてしまっているページよりも、長い時間見られているサイトを重要とみなすのは当然と言えば当然ですよね。


グーグルアナリティクスというアクセス解析を使ったことがある人はお判りでしょうが、グーグルはどのサイトがどれくらいの人に見られていて、どのくらいの時間見られていて、どのくらい他の記事も見られているかをすべて把握しています。


サイトに動画を載せたり、たくさん画像を貼って興味付けしてサイト滞在時間を延ばしたり、関連する内容の記事へのリンクを文章の最後に載せておくなどして、サイト巡回性を高める事が大事です。


ここまでが「内部SEO」になります。

 

☆おすすめ

スマホ用テンプレート付きの自分で更新できる最短ホームページテンプレート+次世代の動画作成完全マニュアルのセットはこちら。

 

自分で更新できる最短ホームページテンプレートのみはこちら

 


SEOにはもうひとつ、「外部SEO」があります。


これは、他のサイトからどれくらいあなたのサイト、たとえば自分で更新できる最短ホームページテンプレートで作ったサイトが評価されているかということです。
評価というのは、いわゆる「被リンク」です。


「外部SEO対策には自分のサイトが他のサイトから被リンクをもらっていることが大事なんだ」

「じゃあ、いい内容の記事を必死で書いて、いつの日か被リンクをたくさんもらえるようにがんばろう!」


これでもいいのですが、よほどのことがない限り、あなたのサイトが他のサイトからリンクをもらえることはありません。
これはしょうがないです。


そこで、自分で更新できる最短ホームページテンプレートで作ったメインサイト以外の、自作した無料ブログなどからメインサイトへリンクを送ります。

ただのサイトURLでリンクを送るのではなく、狙ったキーワードでテキストリンクにしてください。
(※グーグルで「テキストリンクの貼り方」などで検索すれば方法はでてくるので、ここでの説明は省きます)


ある意味で、ここからがSEO対策の本番と言えるのですが・・・
私がこれまで100以上の無料ブログサービスを使ってきた中で、一番効果的な無料ブログを発表します!


一番効果的な無料ブログはズバリ・・・


「はてなブログ」です!

http://hatenablog.com/

 

検索上位にはてなブログのページが表示される確率が、他の無料ブログサービスと比べるとめちゃくちゃ高いです。

 

そして、その次に効果的なブログは

「ライブドアブログ」と「シーサーブログ」です!


ライブドアブログ
http://blog.livedoor.com/


シーサーブログ
http://blog.seesaa.jp/

 

はてなブログは、トップページも個別ページも両方が強いのが特徴です。
なので、個別記事のタイトルが検索エンジンにヒットすることがほんとに多いんです!

一度使えばわかると思いますが、はてなブログは本当にSEOに強いと実感できるでしょう。


メインサイトと同じジャンルの記事をはてなブログに投稿し、
文章の最後か、文中からテキストリンクでメインサイトへリンクを送ります。
はてなブログの記事自体も上位表示されやすいので一石二鳥です。


しかし!
はてなブログの唯一の欠点は、「Ping送信」機能が付いていない為、Ping送信できないところです。
(※Ping送信の説明はここでは省きます。グーグルで「Ping送信とは」などと検索してみて下さい。)

このため、はてなブログ単体で記事を投稿しても、グーグルに読み込まれるまで時間がかかってしまいます。


この弱点を補うため、PINGZONEというサービスを使います。

「PINGZONE」
http://www.pingzone.jp/

 

ここに、投稿したブログ記事のURLを入力してボタンをクリックするだけです。
これで「Ping送信」ができます。

(※これらの方法を実践する場合は、自己責任でお願いしますね。念のため。)


自分で更新できる最短ホームページテンプレートの外部SEO対策については以上になります。

メインサイト作りで大変かもしれませんが、外部SEOにも是非ともチャレンジしてみて下さいね。

 

自分で更新できる最短ホームページテンプレートをわかりやすくまとめたサイトはこちらにもあるのでご覧ください。

 

☆おすすめ

スマホ用テンプレート付きの自分で更新できる最短ホームページテンプレート+次世代の動画作成完全マニュアルのセットはこちら。

 

自分で更新できる最短ホームページテンプレートのみはこちら

 

f:id:hyobans:20170201183707j:plain

f:id:hyobans:20170201183735j:plain